2013年9月21日 (土)

仁尾八朔人形まつり

今年も仁尾八朔人形まつり。

 

狭い路地を縫うように散策。

Cimg5148


 

いろいろな飾り付け。

Cimg5143


Cimg5146


 

浦島太郎にも会いました。

隣のおねえさんは、お姫さま?

Cimg5144


 

旧家「松賀屋」にも入りました。

近所だったので、子供の頃に入ったことがあるような、、、記憶が??定かではない。

お宝(おひな様)も!

お茶とお菓子の接待も受けました。

Cimg5153


Cimg5152


Cimg5150


 

高校時代の先生(国語)にも会いました。

「おまえも貫禄が出たのぉ」

「先生も歳取りましたねぇ」…だって。

あ~懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

どんどん高松

高松まつりは今日が最終日。

日にちの巡り合わせで、今年は全部平日だった。

 

昨日は「どんどん高松」の花火大会。

毎年自転車で出かけているが、今年もビールとほっともっとのお弁当を引っさげ朝日新町へ。

 

屋島山上から観たこともあるが、やっぱり花火は近くで見上げる方がいい。

ドーンとお腹に響く迫力もまたいい。

Cimg4939


Cimg4947


Cimg4957


それにしてもデジカメではうまく写せない。

やっぱりウデの問題か、な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

塗師と会う

つい先日、市内の飲食店へ食事に出かけた。

その店のカウンターである出会いが。

 

輪島塗作家

塗師(ぬし) 赤木明登さん

 

漆器にはあまり興味がなく、もちろんお名前は存じ上げてなかった。

が、有名な方らしい。

 

お酒も入っているせいか意気投合。

岡山県出身、、、近い。

年齢は2コ下、、、近い。

前職は出版社で医療関係のお仕事をしていた、、、近い。

 

 

市内のギャラリーで個展を開いているという。

翌日、馳せ参じた。

 

輪島塗についていろいろと話していただいた。

木をくりぬいてお椀など作るが、その木は数十年前に伐採したものである。

塗師の仕事の半分は「お掃除」である。

埃一つ落ちてはならないとか、お椀に落ちた埃は医療用のピンセットで取り除くとか。

 

話は尽きない。

 

たくさんの作品を見ているうちに、記念にとお椀と酒器を購入。

(実は当日が磁器婚式だった、、、漆器とは関係ないが)

Cimg3662


Cimg3666


早速使用。

何だかお酒が美味しい。

 

展示ギャラリーでもビックリする出会いが、、、これは守るべき個人情報があるので割愛。

 

とても素晴らしい二日間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

コンサート

昨日、ゴルフの後は久しぶりにコンサートへ。

 

葉加瀬太郎コンサートツアー2012

WITH ONE WISH

Img168


迫力があって、そして「演芸風出し物」もあり楽しいコンサート。

たまに行くコンサートもいいモンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

仁尾八朔人形まつり

この連休中、仁尾八朔人形まつりが行われている。

今年もちょっとのぞきに出かけてみた。

 

いろいろと趣向を凝らして作られている。

源平合戦、かぐや姫、浦島太郎。。。

 

Cimg3203


Cimg3205


Cimg3206


Cimg3207


 

仁尾では、お店や座敷に舞台を設け、箱庭のような情景を作ってお人形を置き、歴史上の物語やおとぎ話の世界を再現していた。

これが、仁尾八朔人形まつりである。

 

 

昨年も掲載したかも知れないが、古~い、珍しい、貴重な(?)写真がある。

子供(←私)の健やかな成長を願って飾っていたわが家の人形まつりである。

Img095


Img094


Img093


「ヨっ!木村屋(屋号)」で呼ばれていた頃のものである。

市松人形、張り子の虎、団子の馬、、、全部そろっている。

懐かしい。

 

ずっと残しておきたい風景である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

ど~んど~ん

高松まつりの真っ最中である。

(でも、今日も普通にお仕事)

 

夜、ほか弁とビールを手に自転車で出撃。

“ほこ天”になっている道路にレジャーシートを広げて「どんどん高松」を見物。

 

やっぱり間近で観る花火は迫力があっていい。

しかし、いい気分になり、「さぁ~今から」という時に終了。

ホントに6,000発も打ち上げたのか、な?

 

Cimg2909


チンケな写真だ。

花火は写真に撮るのではなくて現場で観るものである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

ゲージツの夏

上野にある「国立西洋美術館」

ベルリン国立美術館展を見学に出かけた。

 

ヨーロッパのゲージツの歴史。。。

なかなか難解であった。

Cimg2831


Cimg2825


Cimg2828


入場鑑賞料1,500円は高いか、安いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

歴史探訪

先日の日曜日。

いつものように徒歩で屋島登山。

そして、「屋嶋城」発掘現場の現地説明会に参加してきた。

 

屋嶋城は日本書紀にも記されている約1,300年以上前の山城。

667年に大和朝廷が唐の新羅の侵攻に備えて造ったお城。

 

麓に住んでいる者としてはぜひ一度は行ってみたと思っていた。

 

午前10時頃に到着したが、たくさんの人が集まっており第5組目であるとのこと。1組あたり50人。

Cimg1608


整理券をもらっていざ出発。

Cimg1605


Cimg1611


屋島寺から西方向(元ケーブルカーへの道)を進むと工事中の立て看板。

Cimg1613


いよいよ発掘現場へ。ワクワク。

Cimg1615


Cimg1620


急な階段だ。

Cimg1624


市の教育委員会の方の説明。フムフム。。。

Cimg1632


よくこんな斜面にたくさんの石積みができたなぁ~って感心、感心。

説明によると、ここから下へ崩れ落ちた石を集めて、並び替えて、そして積み直しているとのこと。

組み合わせは無限大。2,3個積むのに半日くらいかかることもしばしばだとか。大変である。

石にはそれぞれ番号が振っている。全部花崗岩とのこと。

赤っぽいのが当時のもので、黒っぽいのが補充のために坂出辺りから取り寄せ加工したもの。

大きい石はクレーンでつり上げて積み直している。当時はいかに大変だったか。

Cimg1637


Cimg1629


Cimg1633


現場から下界を見ると。。。いつも部活をしているG練習場が見られる。

Cimg1640


そこから見ると。。。

Cimg1593


 

貴重な体験ができた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

東寺

京都

新幹線の時間まで少し時間があったので「東寺」を訪ねた。

 

新幹線から五重塔が見える。

いつも気にはなっていたが、訪ねたのは今回が初めてだ。

Cimg1561

(これは帰りの新幹線から撮影)
 

Cimg1529

 

金堂(手前)と講堂(奥)

中には国宝、重要文化財の仏像がてんこ盛り。

もちろん内部は撮影禁止。

Cimg1542


五重塔

特別拝観ということで、中に入れた。

Cimg1552

圧倒される迫力


Cimg1539


平成6年には世界遺産に登録されたとのこと。

さすが京都のお寺、心も落ち着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

冬至

今日は冬至。

高松の日の出は7時6分、日の入りは16時58分だとか。

昼の時間が9時間52分。

ちなみに、明日からは日の出が早くなり、日の入りは遅くなると思いきや。。。

12月31日は日の出は7時10分とさらに遅くなるけど、日の入りが17時3分と遅くなるらしい(1分だけ昼が長くなる)。

ちょっとの違いだけど何となく不思議。

 

今夜は某大学の教授を交えて当院スタッフとの食事会。

飲んで、食べて、しゃべって、楽しい時間だった。

お酒は控えめ、ビール1杯に焼酎(芋)4杯のみ!

その後は某病院の忘年会の誘いを振り切り帰宅。

 

帰るとお風呂は「ゆず湯」

Cimg1304


冬至である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧