2012年6月 2日 (土)

in福岡

現在、福岡で研究会。
たまには学問。
NEC_0072.JPG



| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

同窓会

昨日(11日)は午後から松山へ。

愛媛大学医学部第8期の同窓会。

3年ほど前にごく少人数で一度行った。その時に全体の会をやろう!と決め今日の開催となった。

 

本当に久しぶりに会う面々。

40数人(同期は130人ほどいたらしい)が集まったが、体型や頭など当時の面影(?)がない状況の人たちも。

「エ~ッ!街ですれ違っても絶対にわからんのぉ」

Cimg0370

Cimg0373

 

卒後20年以上も経つと、人生いろいろ、仕事もいろいろである。半分くらい(それ以上かも)が開業している。

そして、昨年から今年にかけて大学教授が2名輩出している。

同期生も偉くなったモンだ。

 

今日はお楽しみのゴルフコンペ。

話は次回に続く。。。

Cimg0380

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

卒業

今日は中学校の卒業式。

「門出の日」であるが天気が悪いのが残念。

仕事があるのでもちろん出席できなかったが、いい卒業式だったらしい。

義務教育は終了。

これからは自分でしっかりと考えて生きていかなければならない。

Img329

私自身の卒業式は昭和51年。ということは。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

ついに!いよいよ!

今日は香川県公立高校の入試である。

ついに、とうとう、いよいよこの日が来た。

いつもになくみんな早起き。朝食は「力うどん」である。

脳が使えるのはブドウ糖のみ。炭水化物たっぷりで腹持ちのいい朝食である。

 

朝から、ドキドキ、ワクワクだ。

何度も入試、検定試験、専門医試験、そして国家試験などを受けてきたが、もしかすると今日が一番緊張しているかも知れない。

親が緊張しても仕方ないのにね。

 

仕事前に高校まで送り届けてきた。

たくさんの受験生。みんなライバルである。

Cimg0647

車の中から撮影。(予備校の人たちがちょっと邪魔)

合格発表は19日(木)。さて、どうなるか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

漢字検定

今日は、今年2回目の漢字検定。

わが家では3人が受験してきた。

長男3級、長女5級、そして家内が3級だ。

 

公の場で「何か資格を持っているか?」と聞かれた場合に言うことができる資格。

日本常識力検定、日本語検定、そして日本漢字能力検定である(私の独断)。

 

今回、10人が1級を受験していた。

そろそろ本格的に「受験勉強」して、早く追いつかなければならない。

Cimg2164

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

京都大学

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

先月の京都旅行。

夕方ホテルに到着後、夕食まで時間があったので少し外出することにした。

向かった先は京都大学。

Cimg1017

約30年前。受験しよう!とは思っていなかったが、憧れの大学ではあった。

学会などで京都には何度も行ったが京都大学には行ったことはなかった。

全体を見て回ったわけではないが、広大なキャンパスである。何となく落ち着いた感じを受けた。

ついでに医学部まで歩いていった。

思ったより新しい建物で、花木もたくさん植えられている。

Cimg1019

病院(外来棟?)も建設中であるらしく、できあがると正に「白い巨塔」といった巨大な病院だ。

子供も連れて行ったが、少しは刺激を受けた、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

また一つ資格が増えた

先日、日本消化器外科学会から封書が届いた。

分厚い封筒で、いつも認定書が送られてくるものだ。

更新したものもないし、何かと思い開けてみるとやっぱり認定書。

「消化器がん外科治療認定医認定書」

Photo

え~っ?!こんなもの申請した憶えもないし、と思いながら「お知らせ」を読んだ。

「消化器外科専門医」の資格を持っている者に対しては消化器がんの外科治療の担い手として認定するとのこと。

ホームページでも公開しているように、外科専門医をはじめ、消化器外科に関しても消化器外科専門医、日本消化器外科学会認定医、指導医の資格は有している。

また一つ資格が増えた。

資格マニアとしては嬉しい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

日本語検定準1級 その2

第2回日本語検定の認定立の情報が届いた。

1級の認定率は18.4%、準1級は24.5%だったということ。

ん~

難しかったということか?

しかし、やっぱり悔しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

日本語検定準1級

去る10月27日に受験した「第2回日本語検定」の結果が送られてきた。

準1級認定

1

ということは、1級は不合格で準1級として「拾われた」ということだ。

総合評価(点数)は67.8%

領域別では、敬語A、文法B、語彙B、言葉の意味A、表記A、漢字B(判定Aは基準ライン+10%以上、Bは±10%内)という結果である。判定Cはなかった。

悔しいというか、全く満足できない。

次回は来年6月21日(土)ということだ。

漢字検定と併行して勉強し絶対合格してやる。

しかし、日本語は難しい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

検定マニア

今日は「漢字検定」が行われたようだ。

準1級に合格してからどのくらいになるだろう。そろそろ1級を。

昨日の「日本語検定」は。。。受けてみて久しぶりに自信のない検定だ。80%以上で合格だが、これはとてもとても。。。

70%以上で準1級認定ということ。これに拾われれば、くらいしか期待できない。

 

日本語検定1級を受けてみての感想。そしてこれからの戦略。

順番はやはり「漢字検定1級」合格を目指すべきか。問題の中には、特に「慣用句」「故事成語」「四字熟語」などには、漢検1級相当のものが多数含まれている。そちらの勉強を進めていくと自然とできるようになるのでは、と思う。

しかし、これがまた難しい。問題集は少ないし、勉強方法がわからない。ただひたすら覚えていくだけか。

そういえば、昨日の試験問題の中にも「ひたすら」は漢字でどう書くか、という問題もあった。

「ひたすら」は「只管」と書く。ATOKでも変換できない。

 

今日は何もすることがなく、ヒマだったのでこんな事を考えていた。

生涯勉強である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧