« 太宰府天満宮 | トップページ | 湯布院にて »

2010年8月27日 (金)

博多→湯布院

第2日:8月21日(土)

博多から湯布院へ。

「ゆふいんの森号」

外観もいいが車内も木がふんだんに使われておりいい雰囲気。

Cimg3678

Cimg3670

(内部の写真は非公開ということで)

 

慈恩の滝

この辺りはゆっくりと走行してくれる。

Cimg3692

 

途中、ちょっと気になるものがあったので窓越しに撮影。

ShopMasterさん、54会のみなさん。

これは話題のベーハ-みたいなもの?(特に右奥のもの)

私はあまり興味がありませんが、九州にもあるんですかね。

Cimg3694

Cimg3701

 

極めつけは、この風景。

何となく廃墟になった駅舎みたいです。

これって「越屋根」って言っていいんでしょうかねぇ。

ShopMasterさん、いいでしょ!

Cimg3697

 

湯布院駅に到着。

Cimg3711

|

« 太宰府天満宮 | トップページ | 湯布院にて »

コメント

由布院ですか!良いですね。4、5枚目の写真の屋根は茅葺屋根を金属で覆ったものと思われます。越屋根に見える部分は所謂「芝棟」と呼ばれる植物の棟納めを覆ったものかも知れません。6枚目の駅舎はベーハ小屋そっくりさんですね。意識したのかも・・・。
由布院の駅舎は建築家 磯崎新の設計ですね。一度見てみたいです・・・。

投稿: ShopMaster | 2010年8月28日 (土) 22時05分

ShopMasterさん

さすがに造詣が深い!すべてお見通しですね。
日本の田舎の風景。いいですねぇ。

投稿: Dr.T | 2010年8月29日 (日) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多→湯布院:

« 太宰府天満宮 | トップページ | 湯布院にて »