« 泡波 | トップページ | 打ち上げ? »

2009年6月 4日 (木)

脚をたすける

午後から病院へ出張手術。

またまた「脚」が危機的状況の患者。

数十年間、糖尿病で治療中だったが、最近足趾(足のゆび)に潰瘍ができてきた。痛くて歩きづらくなり、杖をついて来院した。

「なんでこんなに悪くなるまで何も言わんかったのか!」と前医に対して不満をこぼしている。

(自分も訴え(言う)なかったのも悪いと思うが)

いずれにしてもこのままでは「切断」も近い。

放置できる訳もなく、今日手術をおこなった。

Limb salvage=救肢である。

術後は脚の脈がわかるようになった。恐らく脚は助かるだろう。

 

糖尿病学会が提言している(私は所属していないが)。

「糖尿病患者さんは、靴下を脱がして脚(足)を観察しましょう」

|

« 泡波 | トップページ | 打ち上げ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/29949369

この記事へのトラックバック一覧です: 脚をたすける:

« 泡波 | トップページ | 打ち上げ? »