« 秋の屋島 | トップページ | 10,000km突破 »

2008年9月30日 (火)

クリニックの木々たち(1)

クリニックの建物周りには、たくさんの種類の木々を植えている。

時々、それらを紹介していこうと思う。

第1弾は「シマトネリコ」

 

シマトネリコ(Fraxinus griffithii)

分類:モクセイ科、トネリコ属

沖縄から中国、インドに分布する常緑高木(または半落葉高木)。雌雄異株(イチョウの木と一緒らしい)。

Cimg1863

葉は明るい緑色で、表面には光沢がある。急に寒くならない限り落葉はしないようだ。

大きいものは、15mくらいになるらしい。

楽しみだ。

|

« 秋の屋島 | トップページ | 10,000km突破 »

コメント

魚類なら「ササノハベラ」と「オハグロベラ」を見分けられるのですが、植物はとんと分かりません。「シマトネリコ」もどこで切れるのか、「シマト・ネリコ」なのか「シマトネ・リコ」なのかと考えていたら「トネリコ属」とあったのでようやく「シマ・トネリコ」であることが分かりました。
ということは「縞模様のある?トネリコ」なのでしょうか・・・と考えていると結構楽しめますね。
と、言っているうちにアクセス数は「99,508」。
あと500弱。10月3日くらいかなぁ。

投稿: N山 | 2008年10月 1日 (水) 11時50分

シマ・トネリコのシマは縞ではなく島だと思われます。沖縄原産で本土にはない種なのです。つまり沖縄島のトネリコということでシマ・トネリコだと思います。ちなみにトネリコは別名アオダモのことでこちらは落葉樹です。野球のバットになる木ですね。

投稿: ShopMaster | 2008年10月 1日 (水) 21時50分

N山さん、ShopMasterありがとうございます。
私も木の名前は全くわかりません。植栽してもらった業者の設計図(どこに何を植えるかの図)と植えた時に取り付けたネームプレートを頼りに、名前を確認しながら写真を撮っています。
ネットで調べても、ShopMasterのような的確なわかりやすい解説はないですね。褒め過ぎか。。。
これからもよろしく。

投稿: Dr.T | 2008年10月 1日 (水) 22時41分

なるほど「島」ですか。ありがとうございます。
これは、どこかで「知っていたふりをして」自慢しようっと(笑)。

投稿: N山 | 2008年10月 2日 (木) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/24158476

この記事へのトラックバック一覧です: クリニックの木々たち(1):

« 秋の屋島 | トップページ | 10,000km突破 »