« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

世界禁煙デー

今日5月31日は「世界禁煙デー」らしい。

 

これは、1988年にWHOによって制定された禁煙を推進するための記念日ということだ。

いままでも恐らくメディアに取り上げられていたとは思うが、今年初めて私の意識の中に入ってきた。

 

私のクリニックは禁煙治療の施設認定を取得し、既に何人もの患者さんに対して禁煙治療を行っている。

今までは禁煙の補助として「ニコチンパッチ」を処方していた。

今年のGW明けからは、日本でも「飲む禁煙薬」が使用できるようになった。ファイザー製薬から発売されている「チャンピックス」というお薬だ。

Champ

クリニックのHPでも紹介しているので、興味のある方はご覧になって頂きたい。もちろん、当クリニックでも処方を行うことができる。

 

近年、喫煙者の方々はいよいよ肩身が狭くなっている。

タバコを吸う人はその人なりの理由を持っている。こちらが「禁煙権」を主張するように、嗜好品としての「喫煙権」を主張するかも知れない。

しかし、喫煙が「百害あって一利なし」というのは間違いない話である。

 

せっかくの「世界」禁煙デーである。

喫煙者のみなさん!これをきっかけに明日から禁煙にチャレンジしてはどうだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

気分上々

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は1件。

手術はそれだけではなく、もう2件行った。

 

粉瘤(アテローマ)切除術。

粉瘤とは、皮膚の皮脂腺の出口が塞がったために、皮下に「油かす」が溜まることによるでき物である。体中のどこでもできる可能性がある。

この手術は、昔から外科医になりたての若い人が行う手術だ。

私も初めて”メスを振るった”手術がこの切除術だった。大昔の事であるが。。。

 

昨日から今日にかけていろいろな手術をしている。

気分的には上々の日々である。

Cimg0996

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

出張手術3週目

今日のクリニックは平穏。午前中のみの診療。

 

午後からは今週も出張手術。これで3週連続である。

今日は末梢動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)の手術。動脈硬化が進行して、脚の動脈が詰まってしまう怖い病気だ。足先が冷たくなったり、長距離を歩けなくなってしまう、そしてひどくなると壊死に陥るかも知れない。

手術は、血管の中を掃除して血液が良く流れるようにするものである(血栓内膜摘除術)。

少々細かい作業であったが、うまくいった。

明日からはどんどん歩けるようになってもらえるだろう。

 

手術があり、呼んでもらえるということは外科医である私にとっては非常に嬉しいことである。

自院で下肢静脈瘤の手術を行ってはいるが、(プレッシャーはあるものの)やはり動脈は違った面白みがある。

 

生涯外科医であり続けたい。目がよく見えるうちは。。。である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

初夏のビオトープ

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

今日も自転車で通勤。

発見!

ビオトープに小さなかわいい黄色い花がチラホラと咲いている。

水面の水草もたくさんになっている。

メダカの数も少し増えているかも知れない。タナゴも元気に泳いでいる。

水は全く濁っていない。不思議だ。

やっぱり、ドブ貝(名前がかわいそう)のおかげかも知れない。

Cimg1193

Cimg1192 この黄色い花の名前は何でしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

気分上々

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

朝から外来は忙しかった。患者さんの数が多かったというのではなく、新患の方が多かった。

もちろん、下肢静脈瘤の患者さんには病状説明から手術の手続きまで時間を要する。

それに今日は、喘息、乳腺、それに粉瘤の患者さんなどいろいろな疾患の診察。

開業医ならではか。

 

自転車通勤2日目だ。

天気がいいので周辺の風景を楽しみながら走る。特に川沿いの道は楽しい。

気分良好である。

明日は夕方以降に雨が降るだろうという天気予報。

しかし、自転車で行くつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

運動療法

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

夕方からは、税理士事務所の担当者から4月の決算についての報告。その他、今後のことについての話があった。

開業7ヶ月。成績は悪くはない。

これからも安定経営に向けて努力する。

 

今日から自宅からクリニックまでの往復は自転車にすることにした。

現在のBMIは23.2

ほぼ標準的であるのは間違いないが、体型が悪い。お腹ポッコリで、いわゆる幼児体型だ。

もう少し筋肉をつけて余分な贅肉を取らなければならない、と判断。

往復30分ずつ「運動療法」だ。電動自転車だが。。。

Cimg1190 初めてクリニックに行ったMy自転車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

朝から雨

今朝は打ち上げ花火の号砲で目が覚めた。

小学校の運動会だ。

曇り空だが、雨は落ちていなかった。

しかし、診察中午前9時過ぎに外を見ると雨。それも強い。

後で聞くと、開会式は行われたが、途中で中止になったそうである。それも明日へ繰り越しではなく、中途半端のままで今年は終わりだそうだ。

一生懸命練習してきたみんなはかわいそうだ。

 

今日はなぜか患者さんが多い。

ちょうど20人、新患は6人だったか。帰ったのは午後2時頃だった。

 

昨日は夕方から街に出かけた。

久しぶりにいつも行く「川富」へ。

料理内容も夏らしくなってきた。

車エビのおどり、鱧。。。たくさんあるので書けない。

残骸と小皿が物語る。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

手術考

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

たくさん手術をしていると、時に難しい患者さんに遭遇することがある。

治療方針の決定(どこをどのように手術するか)、手術時の困難さ(血管がもろくて出血しやすい)、などなど。

しかし、それを乗り越えてこそ一流の証だと思っている。

 

周りのみんな(患者さんにも)に、「医者は患者さんを選べないけど、患者さんは医者を選ぶことができる」とよく言っている。

ここに来る患者さんは、ここでないといけないと思って来てくれているはずである。

どのようなことを訴える患者さんでも、一人ひとり大事に考えながら仕事をしていかなければならないと常々思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

病診連携

今日は午前中の診療のみ。少し忙しい。

下肢静脈瘤術後の観察、外傷の縫合処置、糖負荷試験、そして狭心症疑いの初期診療。

やはり開業医というのは種々の疾患に対応が要求される。

 

午後からは、先週に引き続き病院に出張手術へ。

またまた腹部大動脈瘤。

今回の患者さんは自分のクリニックで禁煙治療を行っている方だった。

ある時、何気なくお腹を触ってみた。

すると、ドンドンと拍動する腫瘤が。。。これは!と、すぐに超音波検査を行うとそこには腹部大動脈瘤。

CTを依頼すると、最大径5cmを超える大動脈瘤だ。

「私が手術しますから安心してください」

ということで、「病診連携」の形を取り今日の手術に至った。

 

自分で発見して、自分で手術を行う。

提携病院があるということは本当にいいことである。

自分自身にとっても、手腕が発揮できるというのは嬉しい限りだ。(ちょっとカッコつけすぎかな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

京都大学

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

先月の京都旅行。

夕方ホテルに到着後、夕食まで時間があったので少し外出することにした。

向かった先は京都大学。

Cimg1017

約30年前。受験しよう!とは思っていなかったが、憧れの大学ではあった。

学会などで京都には何度も行ったが京都大学には行ったことはなかった。

全体を見て回ったわけではないが、広大なキャンパスである。何となく落ち着いた感じを受けた。

ついでに医学部まで歩いていった。

思ったより新しい建物で、花木もたくさん植えられている。

Cimg1019

病院(外来棟?)も建設中であるらしく、できあがると正に「白い巨塔」といった巨大な病院だ。

子供も連れて行ったが、少しは刺激を受けた、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

極める

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

一昨日の日曜日、久しぶりにゴルフに出かけた。

鮎滝CC。きれいに整備されており、好きなコースである。

ある会社の偉い人とラウンドした。もちろん上手(シングル)。

その人曰く「クラチャンなんかで上手い人と回っても、ドライバーの飛距離なんかはそんなに変わるものではない。やっぱり、アプローチとパター」

確かにシングルの人を追い越すことも何度かあった。しかし、スコアは全然違う。

そして、ラウンド後にショート・アプローチの手ほどきを受けた。

なるほど!これで極めた!

次回のラウンドが楽しみである。

1 OUT 1番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

呼吸

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

レーザー治療だった。

 

レーザー治療は、時に難しいこともある。

「切らない」「血管内」治療だけに、レーザーの光ファイバーが血管の中を進んでいかない時には困ってしまう。

血管を穿刺することからレーザーの照射が終わるまで超音波で見ながら行わなければならない。

一人ですべてのことができるわけではないので、超音波診断士(技師)の協力が必要だ。この「呼吸」が合わなければ治療がスムースに進まない。

阿吽の呼吸が大事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

かがわ経済レポートに掲載

かがわ経済レポートという雑誌にクリニックのことが掲載されました!

「医療への熱いこころ」という特集記事です。

私の紹介からクリニックの建物のことまで、そして「下肢静脈瘤」について熱く語っています。

いろいろな会社の経営者の方々が購読しているということです。銀行などの公の場に置かれていることが多いということです。

5月15日号(No.911)の見開きのページです。

どこかで見かけたら読んでみてください。

Img059

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月17日 (土)

ビオトープ改修

造って約3年。ウチのビオトープが荒れてきた。

底ざらえをしたかったが、いろいろな生き物が入っているのでかわいそうな気が。。。

ビオトープ管理士に聞いてみた。

「そこのところは心を鬼にして。。。」ということ。

思い切って改修工事を始めた。

Cimg1107 荒れ放題の様子

Cimg1109 この丸い葉っぱは何?

Cimg1111 周りの石をどけて

Cimg1116 小型ポンプで排水

Cimg1118 底に溜まった泥をかき出した

Cimg1147 新しい赤玉土を入れる

Cimg1148 橋も架け直し

Cimg1156 水を入れて工事完了

メダカも嬉しそうに(?)泳いでいる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

出張手術へ

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

昨日は出張手術のために午後から病院へ。

腹部大動脈瘤の手術であった。

おなかの大動脈が”こぶ状”に拡張する病気だ。昨日の患者さんは典型的な「嚢状瘤」だった。動脈瘤の壁は非常に薄く、袋状に膨らんだ上に一部突出した部位があり、今にも破裂しそうなものだ。

本当に”今”手術してよかった、といえる症例であった。

 

手術後は医師仲間、病棟・外来の看護婦たちと焼肉パーティー。

酔っぱらったところで、カラオケボックスへ。

楽しい一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

患者さんもよく見てる

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は1件のみ。

 

昨日も書いたように、クリニックのHPはできるだけわかりやすいようにと時々体裁を変えている。

そして、手術件数など何か変化がある度に日々更新していっている。

 

最近、患者さんから「HP見てきました」とか、「ブログ見てますよ」と言われることが多くなった。

下肢静脈瘤についてもしっかり読んでいるらしく、こちらが説明するまでもなく「日帰り手術がしてもらえるということで来ました」「レーザー治療をお願いします」と自ら言われることがよくある。

HPやブログを公開しがいがあるというものだ。

嬉しい限りである。

これからもどんどん情報公開していこうと思う。

ご期待下さい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

HP更新

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

5月に入り、新しく受診して下さる患者さんが増えている。

健康新聞の記事を読み受診する方も多いが、クリニックのホームページ(HP)を見て来られる方も増えている。

案外、年配の方々もHPを見ているのだなぁ、と感心させられることが多くなった。

 

クリニックのHPは素人の私が一人で作ったものである。

初版のものは自分で見てもわかりにくいと思っていたが、最近新たに作り直し少しずつ更新している。

できるだけシンプルにわかりやすくしているつもりである。下肢静脈瘤日帰り手術の件数も日々公開している。

一度見ておいて下さい。

Hp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

開業医でも

土日の更新をサボってしまった。

申し訳ない。

 

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

ちょっと変わった疾患に付随する下肢静脈瘤の手術も行った。

個人情報のこともあるので詳細には触れないが、ちょっとした地方学会にでも発表(症例報告)できるだろうと思う。

開業して以来、学会活動などからはご無沙汰しているが、たまには参加しなければならないかも知れない。スタッフの誰かに、その分野での発表をしてもらってもいいかも知れない。

手術件数も増加してきている。

数が勝負の臨床データも集まってきているということだ。

何らかの視点で整理を始めようか。

開業しててもこれくらいのことはできるぞ、といった所も見せておかねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

希望

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

開業して半年が過ぎている。ということは、クリニックで手術をして半年経過した患者さんがいるということだ。

ストリッピング手術を始めて10年以上になるが、レーザー治療を行った患者さんの経過をみるのは始めてである。

超音波(エコー)検査をしてみると、レーザーを照射した血管は段々と細くなっていき、半年後には見えなくなっている。つまり、消滅したのである。

文献(論文)を読んでわかってはいたが、実際の経過をみると驚くばかりである。

もちろん、術前あった症状も消えており患者さんはみんな満足している。

私も満足である。

 

レーザー治療は、下肢静脈瘤で困っている患者さんみんなにしてあげたいとも思うが、やはり自由診療(自費診療)というところが引っかかる。

保険診療で行えるようになるのを望むばかりだ。

3

 

今日、若い女性の患者さんが来院した。

脚はパンパンにむくんでおり、自覚症状も強い。皮膚症状も出かかっている。手術適応である。

ストリッピング手術では、どんなに傷を小さくしようとしてもメスは入れなければならない。

若い独身女性にメスを入れるのは。。。。ためらわれる。

今日は、「レーザー治療をお勧めします」と話をした。

強要はしていない。しかし、本人のことを考えると勧めざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

残業

今日は木曜日なので午前診のみ。

しかし、新患の方が7人来院したので終わるのが午後1時を過ぎた。

開業早期であり、患者数も少なく定刻通りに終了していたが、昨日、今日と残業した。

このようなことは初めてである。

嬉しいような、しかしスタッフが忙しく走り回っているのを見ると。。。

私自身、いい医療だと思って実践していることを広めて行くには、今が頑張り時である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

新聞効果

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

 

5月4日の健康新聞(四国新聞)に下肢静脈瘤についての特集記事が掲載されて初めての平日。

やはりいつもよりも脚の症状を有する患者さんが多かった。これも新聞効果だろうか。

「いつ病院へ行こうかと思っていたけど、この新聞の記事を見て決心が付きました」

「記事を見て私の症状とピッタリ!すぐに来ました」

「記事の中に電話番号も載せてくれればいいのに」

などなど、いろんな話をしてもらえました。

 

これで新聞は3度目だが、みなさん下肢静脈瘤に対する認識を深めたようである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

GWも終わり

GWも今日で終わり。

今日はいい天気である。観測史上最低の湿度を記録したところもあるらしく、カラッとした晴天だ。

朝から生け垣の手入れと庭そうじ。

 

今年のGWは、前半は家族旅行、後半にはお客さんを招いてのホームパーティーを2回と有意義だった。昨日は初めての休日当番医もこなした。

 

庭そうじをしていると、サクランボの実がたくさんなっているのに気づいた。食べてみると甘くて美味しい。しかし、たくさんの実が蟻に食べられている。

蟻に食べさせるのもシャクなので、家族みんなで収穫した。

Chery1

Chery2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

休日当番医

GWもあと二日。天気が悪い。

今日は開業して初めての休日当番医だった。科目は「外科」。

勤務医時代には外科当番病院として何度も割り当てられていたが、自分が当番になったという記憶はない。全て後輩(研修医)が担当していたと思う。

 

患者数は29人。

切った、擦りむいたといういわゆる外科的なものから、皮膚科や整形外科的なものまで様々であった。

中には、下肢静脈瘤の新患まで。ちゃっかりしたものだ。

 

久しぶりに新鮮な感覚を味わった一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

健康新聞に掲載!

今日発行の四国新聞。

その中に折り込まれている「健康新聞」の巻頭特集に私の記事が掲載されました。

 

健康生活は脚元から

「下肢静脈瘤」

95

 

健康新聞は毎月第1・第3日曜日に発行されている。

平成16年にも掲載されたことがあるが、その時は1枠のみの小さい記事であった。

しかし今回は特集記事で、3面から7面までのいわゆる「ぶち抜き記事」である。

下肢静脈瘤という疾患の説明から治療方法まで解説している。もちろん最新のレーザー治療にも触れている。

 

この記事によって、下肢静脈瘤という病気についての認識が深まり、そして「怖さ」も理解してもらいたい。

もっと詳しく知りたい方はクリニックのホームページもどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年5月 3日 (土)

クリニックこどもの日

こどもの日は明後日。

しかし、今日はスタッフの家族を招待しての「クリニックこどもの日」

なかなかみんな集まる機会はないが、子供全員が集まったのは2回目である。

親父達は飲みながら子供達が騒いでいるのを見ている。奥さん達はおしゃべりしながら食事する。

いい感じである。

途中ビンゴ大会で盛り上がり、楽しい一時を過ごすことができた。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

保津川下り

連休の谷間も終わり。明日からはGW後半だ。

 

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は1件のみ。

新患もちらほら。普通の一日だった。

 

京都旅行の初日。

「保津川下り」に行った。

丹波の亀岡から嵐山までの約16kmを1時間半ほどかけての船下りである。川の流量が多ければ1時間、少なければ2時間かかるそうだ。

まずトロッコ列車に乗って嵯峨駅から亀岡駅までの旅。新緑が美しい。所々で列車が止まり、景色を楽しむ。

Photo

Photo_2

眼下の保津川には川下りの船も見られる。

Photo_3

それほど待つことはなく乗船。

思っていたほどスリルはなかったが、急流にさしかかると水しぶきは浴びた。途中、カエルやライオンなどに会いながらの楽しい船旅だ(実は、途中の岩の名前)。

Photo_5

新緑は美しかったが、船頭さんの話によるとやはり秋の紅葉の時期が一番良さそうだ。

そんなこんなで嵐山に到着。

Photo_4

 

で、乗ってきた船はどのようにして川上の乗船場所まで持っていくのか?

その答えは宿泊した旅館の隣にあった。

Photo_6 クレーンでつり上げ

↓ トラックで運ぶ

Photo_7 河原で下ろす

やっぱりそうだったんだ、って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年5月 1日 (木)

営業

今日の診療は午前中で終わり。特に変わったことはない。

 

帰宅途中に病院に寄った。

ある患者さんの血管造影(最近ではCTで立体画像が作れる)を見せられた。

 

閉塞性動脈硬化症(末梢動脈閉塞症:PAD)。タバコや高血圧、脂質異常のために動脈が詰まってくる病気である。

下肢への血流が減り、酸素や栄養不足のためにだんだん歩けなくなってくる。放っておくと最悪の場合には脚を切断しなければならなくなる病気だ。糖尿病に合併することも多いが、言わなければわからずお医者さんも見逃していることもよくある。

 

今回の場合は、左の太ももの真ん中辺りの動脈(浅大腿動脈)が短い範囲ではあるが完全に閉塞していた。足の血圧は手の血圧に比べて6割程度。これでは300mも歩きかねる。

最近では血管内治療という手段もあるが、血管の状態(石灰化)や閉塞状況から手術の適応と判断。昔ながらの「血栓内膜摘除術」という術式を伝えた。

 

これで、5月の手術依頼は3件。

やはり血管疾患は増えていると思う。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »