« ついでに | トップページ | いよいよ始まる »

2008年2月21日 (木)

久々の

木曜日。診療は午前中のみ。

可もなく不可もなく、ボチボチといったところ。

 

午後からは久々に手術のために病院へ。

疾患は閉塞性動脈硬化症。動脈硬化がひどくなって血管が閉塞してしまう病気だ。

間歇性跛行(かんけつせいはこう)といって、いくらか歩くと脚が痛くなって休まなければならない、休むとまたいくらか歩けるようになるという症状で気づくことが多い。

喫煙、高血圧、高脂血症、糖尿病(いわゆる生活習慣病)などが危険因子になる。

なかなか気づかない上に、整形外科医のところを受診することも多い。

(上のような脚の症状がある方は一度受診してみてはどうですか)

 

手術は人工血管を用いての血行再建術(バイパス術)。

久しぶりに執刀してきたが、しんどいうことは全くなく、むしろストレス解消になったようで清々しい気分である。

やっぱり血管外科はおもしろい。

Photo 血管鉗子(血管を挟む物)

|

« ついでに | トップページ | いよいよ始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/10665405

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の:

« ついでに | トップページ | いよいよ始まる »