« 雨の一日 | トップページ | 日本語検定準1級 »

2007年12月12日 (水)

いろいろな考え

今日も天気はぐずつき気味。

午前中、これではいかん!というくらいヒマ。

そこで、手術の開始時間を早めることにした。このようなところが病院と違って自由にできる。

某院で数年前に行った下肢静脈瘤「高位結紮術」の再発例である。

高位結紮術では高率に再発が認められるというが、今回はきちんとストリッピング手術を行った。もちろん日帰り手術である。午後2時頃には帰っていった。

多数の論文にも見られているように、当院ではプロポフォール(ディプリバン®)と低濃度の局所麻酔(TLA麻酔)を併用して苦痛のない根治手術を行っている。このようなことができるようになっている現在、いくら局所麻酔のみで行えるといっても高位結紮術を行うメリットはないと思われる。強いていえば、医療費が安価であるというところか。

 

午後からは通常の診療。

先週来た見るからにアレルギーのひどそうな若い女の子。聞くとハムスターと犬を飼っているということ。血液検査をすると、案の定ハムスター上皮、イヌ上皮とイヌのふけに対して強陽性。確実に治すためには動物と引き離すしかない。しかし、それもかわいそうな話だ。

先週、抗アレルギー剤を処方していた。服用後は軽快しているという。ハムスターの寿命は2年くらいだという(私は知らなかった)。しばらくは内服薬でいくか。

|

« 雨の一日 | トップページ | 日本語検定準1級 »

コメント

ハムスター=ねずみ?
(((^^;)と頭中でうずまいているのですが・・。

このまえ、ゆめタウンの別館に、ペットショップを覗いたら。うげ!蛇とかイグアナとかそれはみたことのないでっかいウサギやらが売っていました。
(--;)でも飼ってる人には大事な家族なんですよね。簡単に離すのは辛いでしょう。
私の家は近所にいた野良猫がいま家に住み着いて、仕方ないので蚤取りシャンプーや蚤取り首輪を駆使して一応家にいれてあげまして、只今犬のように吠えています。毎朝起こしてくれますから助かりますが、犬の鳴き声ににていますから、こいつは背中にチャックがあって犬が中にいるんやないかと・・真剣に背中を検索したら噛まれました。[軽くです]飼い猫に噛まれるということわざは、これだったのか。と納得して昼寝をしてました。
最近の子は体がやっぱり弱くなってきているんだなーと思います

投稿: 白衣のナース | 2007年12月13日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/9375803

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな考え:

« 雨の一日 | トップページ | 日本語検定準1級 »