« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月25日 (火)

インフルエンザ

夕方、発熱がありインフルエンザかも知れないという男性から電話。

すぐに来院してもらった。

迅速検査の結果、みごとに「A型インフルエンザ」。

24歳の若者。予防接種は受けていなかったという。

調子悪くなったのは先週土曜日ということ。発症直後ではないため、効果には疑問があるが「タミフル」を処方した。

 

ちょうど、夕方のニュースで「タミフル投与と異常行動には因果関係は認められない」といっていた。

少し安心。

 

罹ったと思ったら早めの受診を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月24日 (月)

年末の風景

午後、散歩がてら子供を連れてちょこっと本屋さんへ。

国道は渋滞。スーパーの駐車場は満車。

Photo

クリスマスプレゼント商戦としては今日が最終日。われわれは「トイザらス渋滞」と呼んでいる。駐車場では車を駐めてはいけないところに堂々と。。。迷惑だ。

 

帰りがけに、池で鴨の親子(?)を見かけた。

こちらはきちんと整列している。お利口さん。

1 2 3

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年12月23日 (日)

クリスマス

夕方、高松駅に行った。

世の中、クリスマス一色。

駅前広場には大きなクリスマスツリー、きれいな電飾。駅舎にも飾り付けがされている。

Photo

全然寒くない。ホワイトクリスマス、といった言葉は微塵も感じられない。

電飾もいいが、地球温暖化には。。。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年12月22日 (土)

オーストラリアへ

今朝は5時前に起床。

関西空港行きの長距離バスに乗るため(乗せるため)だ。

Photo

長男が冬休みを利用してオーストラリアへホームステイに。

メルボルンに5日間ほど滞在する。シンガポールを経由して明日朝早く到着するらしい。

時差はほとんどない。こちらが冬ということは向こうは夏。夏のクリスマスを味わうということである。

本場の英語に触れて、少しでも英語に興味を持ってもらえればいいと思う。

さて、どんなおみやげ話を持ち帰ってくれるか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月21日 (金)

まだまだ勉強

今日は下肢静脈瘤レーザー治療が1件のみ。

何の問題もなく終わったが、1件だけだと物足りない感じである。

誰かが、「これくらいで終わるんだったら、1日5件くらいは軽いなぁ」と言ったとか。

確かにそれくらいやっている施設はあると聞く。

どんな手術も同じだが、上手になるためには「数」をこなさなければならない。

レーザー治療は「検査感覚で受けられる」とはいうものの、やはりそれなりの技術は必要である。血管の穿刺、曲がりくねったところを通過させるカイドワイヤー操作、超音波での観察など。

10数例行ってきて慣れてきたとはいえ、まだまだ改良すべき事があるかも知れない。

これからも勉強である。

Elves

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

楽しかった忘年会

寒い時にはやっぱり「鍋」ですね。

昨日はスタッフみんなで忘年会。

楽しくワイワイとやってきました。本当に忘れるほど仕事はしてないけど、日頃の鬱憤晴らしにはなったと思う。

クエ(20数kgあったらしい)の刺身、唐揚げから鍋、そして雑炊までのフルコース。おいしかった。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

その後は夜の街へ。。。いっぱい飲んだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

遠方から

今日の下肢静脈瘤日帰り手術は2件。

徳島県からわざわざ受診してくれた患者さん。そして、血栓症を起こし大変だということで某病院外科から紹介いただいた患者さん。

最初の人は、ペースメーカーを装着したり、脳梗塞を起こしていたりで少し大変な人である。浅めの麻酔で、極力侵襲を与えないように心がけての手術。

1時間ほど休んで帰っていったが、知り合いの患者さん情報をいただいた。

「親戚に脚が黒ずんだもんがおって、何ヶ月も皮膚科に通いよるんやけど全然治らんと言いよる。50そこそこの男や。皮膚科の先生も何ちゃ言わんらしい。見たら、血管が浮き出とって私と対や。今度連れて来ぉと思うんじゃけど診てくれるか」とのこと。

「どうぞ、診させてください」

 

二人目の人は、子供を産むたびに(3人)下肢静脈瘤が悪化してきたとのこと。

夏頃から太ももの辺りが赤く腫れて痛んでいたらしい。

ということで、某病院外科を受診。そして、当クリニックに紹介されてきた。

エコーで見ると比較的新しい血栓がのびている。「早めの手術がいいですよ」と言うと、「痛いので、私も早くして欲しいと思っている」とのこと。12月17日(月)の話。

両者の意見が一致したので、早速今日の手術になったというわけだ。

ご主人のお迎えで帰っていったが、車で1時間ほどかかるらしい。お気を付けて。

 

世の中、下肢静脈瘤で困っている方が多いようだ。

早めの受診をお勧めします。

 

今日は夕方からクリニック全員での忘年会。もちろん、初めての忘年会である。

「忘れる」ほど仕事はしていないが、日頃の鬱憤話でも聞いてこようと思う。

その様子は明日のブログに載るかも?でも、載せられないかも?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

慣れた?

今日は、下肢静脈瘤レーザー治療が2件だった。

慣れて来たのかも知れないが、材料(注射器など)は少なくて済み、手術時間も2例で1時間もかからなくなった。

もちろん患者さんも楽なようで、終わって1時間もしないうちに帰って行った。

文字通り「身体に優しい治療」であると(私も)実感できるようになった。

後は保険診療として認められるのを待つだけであるが、どうだろうか?

そうなれば、「財布にも優しい治療」になるのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

地方発

最近、新患が多くなってきた。

下肢静脈瘤の治療を希望しての受診である。今日は他病院からの紹介2名を含めて7名の新患であった。そのうち5名の手術を予定した。

 

先週、夕方のRNCのテレビ番組で下肢静脈瘤の治療についての放送があったそうである。診療時間中であったので我々スタッフは見ていない。

数人の患者からその話を聞いた。最新の治療としてレーザー治療の話もあったらしい。が、それは東京のクリニックの話。

今まで、新聞記事やテレビ番組で下肢静脈瘤の診断や治療について見たり聞いたりしたことがある。しかしどれも東京近辺の施設の紹介ばかりである。

 

「先生のところもテレビと同じ最新の治療をしとるんやねぇ。もっと宣伝せにゃぁ」

と言われるが、

「なかなかウチには取材に来んのよ。来てくれたら高松でも最新のことしとると話するんやけどなぁ」

と切り返すばかりである。

 

今日は通常の下肢静脈瘤日帰り手術(ストリッピング手術)が2件。

明日は”最新の”レーザー治療を2件予定している。

 

新聞、放送関係のみなさん。地方でもやっていますよ。

取材どうですか?(ただし、悪徳業者はお断り)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

いい天気だったが

今日は少々寒いが朝から穏やかな天気。

前勤務病院の先生と一緒に坂出CCに出かけた。

Cc1215

ずっと寒い時期にはゴルフはしていなかったが、昨年頃から少しずつラウンドするようになった。

日向にいるとセーターはいらないくらいの陽気である。こんな日を小春日和というのだろう。風もなく快適である。

坂出CCはいつもながら綺麗に整備されている。しかし、やっぱり芝が枯れているのが寒々としている。

 

前置きばかりでスコアはというと。。。

忘れた。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2007年12月15日 (土)

できた!

昨日は医師会の忘年会。

国際ホテルで盛大に行われた。

Photo_2

開業1年生ということもあり、家族みんなで出席した。

会員みなさんの前で挨拶をしたが、1年生の出席は半分くらいだったようだ。初めくらいは出ておかなければならないと思うが、どうしたことだろうか。

芸人のマジックショーあり、プレゼントありで子供達はそれなりに喜んでいたのでよかったかも。

 

で、できた。

最近、再ブーム(?)のルービックキューブ。

1面1列はできていたが、その後はなかなか進まなかった。

できたといってもネットの力を借りたものだが。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年12月14日 (金)

下肢静脈瘤日帰り手術どうですか?

今日は2件の下肢静脈瘤日帰り手術で、その他はボチボチでいいと思っていた。

が、なぜか新患が多数。それも「本物」ばかり。

下肢静脈瘤。

5人の患者。そのうち4人は明らかな手術適応。一人は即日(今日であるが)硬化療法を行った。

患者の中には、先週と一昨日のテレビ番組を見てきたという人がいた。

メディアの力は大きい。

それはそれでいいと思う。患者さんが助かればいいのだから。

 

今日も2例の下肢静脈瘤日帰り手術(選択的ストリッピング手術)を行ったが、みなさん満足して帰っていく。

全く苦痛なく、そして創の数も少ない。

手術は30分くらい。その後は1時間もしないうちに帰ることができる。

でも回復室は快適で、もっとゆっくりしたいとも言ってもらえる。

Bedroom

下肢静脈瘤をもっているみなさん、話だけでも聞いてみませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

日本語検定準1級 その2

第2回日本語検定の認定立の情報が届いた。

1級の認定率は18.4%、準1級は24.5%だったということ。

ん~

難しかったということか?

しかし、やっぱり悔しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

日本語検定準1級

去る10月27日に受験した「第2回日本語検定」の結果が送られてきた。

準1級認定

1

ということは、1級は不合格で準1級として「拾われた」ということだ。

総合評価(点数)は67.8%

領域別では、敬語A、文法B、語彙B、言葉の意味A、表記A、漢字B(判定Aは基準ライン+10%以上、Bは±10%内)という結果である。判定Cはなかった。

悔しいというか、全く満足できない。

次回は来年6月21日(土)ということだ。

漢字検定と併行して勉強し絶対合格してやる。

しかし、日本語は難しい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

いろいろな考え

今日も天気はぐずつき気味。

午前中、これではいかん!というくらいヒマ。

そこで、手術の開始時間を早めることにした。このようなところが病院と違って自由にできる。

某院で数年前に行った下肢静脈瘤「高位結紮術」の再発例である。

高位結紮術では高率に再発が認められるというが、今回はきちんとストリッピング手術を行った。もちろん日帰り手術である。午後2時頃には帰っていった。

多数の論文にも見られているように、当院ではプロポフォール(ディプリバン®)と低濃度の局所麻酔(TLA麻酔)を併用して苦痛のない根治手術を行っている。このようなことができるようになっている現在、いくら局所麻酔のみで行えるといっても高位結紮術を行うメリットはないと思われる。強いていえば、医療費が安価であるというところか。

 

午後からは通常の診療。

先週来た見るからにアレルギーのひどそうな若い女の子。聞くとハムスターと犬を飼っているということ。血液検査をすると、案の定ハムスター上皮、イヌ上皮とイヌのふけに対して強陽性。確実に治すためには動物と引き離すしかない。しかし、それもかわいそうな話だ。

先週、抗アレルギー剤を処方していた。服用後は軽快しているという。ハムスターの寿命は2年くらいだという(私は知らなかった)。しばらくは内服薬でいくか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

雨の一日

今日は明け方から雨。久しぶりの本格的な雨模様であった。午後になってもどんより小雨。

1211_2 クリニック2階から高速道路方向

 

下肢静脈瘤手術は1件のみ。レーザー治療を行った。

こちらがなれるに従い、治療時間も短くなり、そなるとクリニックの滞在時間も短くなる。

いろいろなHPにも書かれているように、手術というよりも検査感覚というのは実際のことであろうと思われる。

患者さんの身体に優しい治療であるというのは間違いない。

下肢静脈瘤新患は2名。1名はずいぶん前(本人も覚えていないくらい)から皮膚炎、皮膚潰瘍がある人だ。

それにしても、予想以上にレーザー治療の希望が多い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

師走

12月に入って早くも9日。ということは今年もあと20日あまりだ。

正月準備といっても今までも特にしていることはない。

今日は天気もよく、少し掃除を念入りに、そして障子紙の張り替えを。全部家内、子供達がしたことだが。

障子「紙」といっても、最近は薄いプラスチック製のものがあるらしい。破れない障子紙ってところ。

よくよく見ると、やっぱり本物の「紙」の方が良さそうな。。。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

横綱と

昨日は病院の忘年会。病院といっても退職してしまっている前勤務病院である。

高松には「ダイニングシェフ芝田山」というちゃんこ屋がある。その2号店が会場であった。

オープン初日ということもあり、芝田山親方が現れた。そう、第62代横綱大乃国である。

突然のことでみんなの大歓声。

これは格好のブログネタと思い、即駆け寄った。そして握手。めちゃめちゃデカイ、分厚い手であった。でも柔らかい。

Photo Photo_2 Photo_3

その後はいつものように飲むわ飲むわ。みんなすごいパワーである。

2次会へ、そして3次会へ。

朝起きたらソファーの上だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

仕事の話

木曜日なので午前中のみの診療。

糖負荷試験(75gOGTT)が2件あった。

開業して以来いろいろな(内科的な)患者さんを診ているが、いわゆる糖尿病境界領域(耐糖能異常)を示す人が多いのに驚かされている。

このような患者さんの血糖、インスリン分泌の推移を見るのが糖負荷試験である。

この結果で、治療方針の決定、投薬の要否などを決めていく。

内科的な仕事ではあるが、循環器専門医として、また血管の専門家として重要な仕事である。

 

昼には電カルのインストラクター(美人)が来てくれた。

11月分の診療報酬請求業務のお手伝いをしてくれた。10月分請求の「試験」でフロッピーでの提出の許可が下りている。そのフロッピー作成である。

そして、当院も「オンライン請求」を考えていこうという事になった。おそらく大丈夫であろう。これが可能になると、事務の業務がものすごく簡素化される。もちろん紙はいらない。節約にもなる。

業務が順調に進めば進むほど、インストラクターに来てもらう必要がなくなるということだ。これは、いいことか?どうか?ん~

とにかく一度区切りとして「打ち上げ会」を行おう。

インストラクター、事務員、そして私の3人かな。お酒を飲むと。。。○×という噂もあるが。。。

楽しいお酒になりそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

臨時飲み会

下肢静脈瘤レーザー治療10例達成。

レーザー治療とストリッピング手術。今日も問題なく終了した。

順調、順調、かな?

 

夕方からは食事に出かけた。

いつもの仲間、仕事関係者とではない。なんと!奥さんとである。

もしかすると初めてかも知れない?!

川富に連れて行った。自分はいつも行ってるけど、たまには連れて行かなければ、とおもいながら。

先週に「鰻を頼むぞ」と大将にお願いしていた。

早速ものすご~い鰻を見せられた。

Photo

お通しからいつものカマトロ。ここからお酒。

そしていよいよ。白焼きに蒲焼き。

Photo_11 「八幡巻き」というらしい

Photo_2 山葵で食べるとおいしい白焼き

Photo_3 Photo_5 この厚みはすごい!

既にほぼ満腹である。

その後、クエのあら炊き、皮の湯通し。

Photo_6

Photo_8 初物の筍(それにしても早い!)

極めつけはフカヒレの煮付け(コバンザメということ)。これは絶品。コラーゲンたっぷり。お肌つるつる。千枚漬けを食べながらクエのお寿司。

Photo_10 コバンザメだって!

すべてが満足。嫁さん大喜び。

いい一日であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

病診連携

下肢静脈瘤日帰り手術は2件。コンスタント?

「今まで何件したん?」と何気なく婦長に問いかけた。

「今日で44件です!」

私自身は全く把握していないが、婦長はきっちりしている。多いのか少ないのか。よくわからない。

ただ、みんなが一生懸命仕事してくれているのは確かである。

明日は10例目の下肢静脈瘤レーザー治療だ。一区切りである。先日から術後1ヶ月目の症例が受診してきている。超音波検査を行っているが、経過は順調である。すべて「理想的な閉塞」が確認できている。

レーザー治療についてはこちら

 

夕方から前勤務病院の主催する懇話会に出席した。

病院関係者と開業医との交流会、いわば「病診連携の会」である。

思えば、平成14年6月の第1回で私が講演した。院内の講堂であった。演題は「外来でよく見かける静脈疾患」についてであった。

それから5年。第12回だという。開業医となって初めての出席である。

病院関係者はみんな顔見知りである。それに開業医の先生方もほとんどが知っている人たちである。開業した今でも時々紹介してもらっている。そんなことを考えていると、何となくまだ病院関係者のような気がした。

糖尿病専門医の副院長が「糖尿病日常診療に関して」という講演を行った。

開業して以来、糖尿病患者を診察する機会が増えた。というよりも、今まではほとんど診察したことがなかったので、今回の講演は非常に役に立った。

これこそいつも講演会に行った時に締めの言葉で言われる「明日からの診療に役立つ講演」であった。

思わず副院長に「先生、今日使ったスライド欲しいんやけどくれん?」とお願い。

「これでよかったらどうぞ」と快く。

明日からの診療に役立てよう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

10月決算

午前中はボチボチ。

下肢静脈瘤日帰り手術は2件。トラブルなし。

そして、午後は新患が一人のみ。

しかし、何となく忙しい。診察室の整理、レセプトチェック、病名付け、などなど。

 

午後6時に戸締まりの後、急いで帰宅。顧問税理士と会うためである。

10月分の決算、損益計算などについて話を聞いた。

10月16日開院で、実働12日である。決算といっても参考資料といった感じである。いいのか悪いのか全くわからない。

1ヶ月だけのグラフも見せられた。これからは右肩上がりにしなければ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年12月 2日 (日)

七五三(?)

次男坊は3歳。来年2月で4歳になる。

七五三

本来、男の子は5歳の時に行うということである。

今回はお参りも何も行事は行っていない。家族みんなが集まって「家族写真」を撮るのが目的であった。

やんちゃ坊主であるが身体だけはデカイみたいだ。5歳用の羽織袴がピッタリ。

1

2

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

火入れ式

昨日は夕方から薪ストーブの「火入れ式」を行った。

細い木を組んでもらい着火剤に点火。

炉内にまだまだ水分(?)があるとのことで、3回ほど試運転が必要とのこと。

しかし、本格的に火が燃え上がると周囲はものすごく暖かい。これは使える!

1

Photo

Photo_2

よ~く見ると煙が見えるかも。

 

夜はちょっとした飲み会。

マイ箸デビューである。

豆腐に魚、モツ鍋、焼きそばなど。使い勝手は。。。なかなかいいモンである。

Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »