« おでんの季節 | トップページ | 主任さん »

2007年11月14日 (水)

会談

午前中は忙しかった。

特に地区(近所)の患者さんが数人来院した。疾患は様々。年齢も様々。

私は思った。「開業1ヶ月経過。少しずつではあるがクリニックが地域に認知されてきた」のではないかと。

しゃべり続けたが、そしてスタッフも動き続けたが、心地よい疲れであったと思う。

昼は、「いつも通り」2件の手術。下肢静脈瘤に対するストリッピング手術である。いつもの風景だ。

午後はボチボチ。

午前中のことを思えば、これでいいと思う。贅沢は言えないし、スタッフにとってもいいのではないかと。

 

夕方からは研究会。

それにしても11月に入ってから研究会の多いこと。今日は「過活動性膀胱」のお勉強。泌尿器科領域のことで、今までは知らんぷりでよかったが、すでに相談を受けたこともある。

勉強になった。

1114

その後は、ある病院の偉い先生との会食。

いろいろあって詳細は書けないが、自身の紹介、開業に至る経緯、それに趣味などについて楽しく話ができた。

新しく始めている「下肢静脈瘤のレーザー治療」についても話をした。

興味を示してもらえた。

これからも「病診連携」をしかりと実践したい。

|

« おでんの季節 | トップページ | 主任さん »

コメント

地域の方々に、愛されてきたというのは素敵ですね。患者様への対応もすばらしいナースがいるんだと思います。
先生の人柄と技術もですけど、ナースが感じ悪かったら行こうと思わないもの!患者様の目線にたって、話するように、私は心がけています!
地域医療は本当に大事だと思います。p(^^)q

投稿: 白衣のナース | 2007年11月15日 (木) 10時46分

<白衣のナースさんへ
いつもコメントありがとうございます。なかなか含蓄のあるお言葉で。
それにしても、まだメール繋がりませんが。。。

投稿: Dr.T | 2007年11月15日 (木) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/8924075

この記事へのトラックバック一覧です: 会談:

« おでんの季節 | トップページ | 主任さん »