« やはり出費が | トップページ | 完成間近か »

2007年9月 9日 (日)

ちょっと気になることが

水不足がまた話題になってきた。

早明浦ダムの貯水率が70%を切って68.7%になったということ。平年値が82.9%ということなのでだいぶ少なくなっている。

8月16日までは100%だったということであるが、猛暑、小雨もありどんどん減ってきているようである。

屋島の木々も枯れるのも納得できるか。

1 遠くから見た屋島

2 自宅からの屋島

 

もう一つ気になる話題が。

生存率に5倍格差 県別心肺停止患者の救急搬送

心筋梗塞(こうそく)などで心肺停止状態になり、救急搬送された患者の1カ月後の生存率が、都道府県によって約5倍の格差があることが7日、総務省消防庁が初めて行った調査で分かった。

 心肺停止状態で搬送されたのは全国で延べ1万6257人で、1カ月後の生存率は7・19%(1169人)だった。

 都道府県別では、佐賀の生存率が最も高く、搬送した73人のうち10人で13・70%。次いで宮崎13・29%、高知12・75%だった。一方、最も低かったのは山口で、搬送187人のうち1カ月後の生存は五人で2・67%。香川は77人搬送し生存は3人で3・90%だった

 

 この格差の背景には、家族らによる応急手当の有無、AEDの配備状況、消防と医療機関の連携などが関与しているらしい。

 しかし、香川県は低い!おそらく救急専門医が少ないのだろう。設備というよりやはりマンパワーかな。

|

« やはり出費が | トップページ | 完成間近か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/7870872

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと気になることが:

« やはり出費が | トップページ | 完成間近か »