« 九州視察旅行(鹿児島編) | トップページ | 通信回線 »

2007年7月11日 (水)

九州視察旅行(知覧編)

九州視察旅行その2

翌日も鹿児島は雨.宮崎に向かう前に知覧町に向かった.

指宿スカイラインは濃霧に煙っている.時にセンターラインも見えないほどである.

Photo_215

鹿児島から約1時間で知覧特攻平和会館に到着.

この平和会館は,太平洋戦争末期の沖縄決戦で敵艦に体当たりしていった陸軍特別攻撃隊員の遺影,遺品など収集,保存,展示している.

外には特攻機が展示され,その傍らには特攻像「とこしえに」が佇んでいる.会館に入る前に感動の入り口に来た,といった感じである.

Photo_216 Photo_217

Photo_218 Photo_219

平和会館入館料は500円.もちろん内部の撮影は禁止されている.

内部に入ると特攻隊員の写真(遺影)と彼らが認めた手紙(遺書)が展示されている.数えられないほどの数である.

みんな二十歳前後.しかし,みんな達筆である.多くは父母に宛てた手紙であるが,しっかりした文章で書かれている.とても死の直前に書いたとは思えない.震えていない.本当にしっかりと.

特攻隊=必死隊という案内があった.決死隊ではなく,必ず死ぬ部隊であるという.知覧の子供達と遊び,犬と戯れる.出撃直前ににぎりめしを食べ,別れの杯を交わして飛び立つ.絶対に帰ってこない.

最後までは見ることができなかった.時間がなかったわけではない.自分と重ね合わせ,自分だったらどうだったのだろう,自分は二十歳の頃何を考え,何をしていたのだろう,と考えるとどんどん辛くなってくる.

あちこちで悪戯(わるさ)をする若者に是非見せてやりたい.何かを感じ取るはずである.

残念だったのは,ぺちゃくちゃ(関係のないことを)しゃべりながらブラブラしているおばちゃんの団体,走り回るガキどもがいたことである.このような場にはなじまない,ということである.演舞場や遊園地にでも行けばいいと思う.

 

知覧町には武家屋敷群もあるとのことだが,時間もないために宮崎に向かった.

晴れていれば開聞岳や桜島の雄姿が見られるはずであるが霧の中.残念.

途中の桜島SAで「しんこ団子」を食べた.しょうゆ味で美味しかった.

Photo_220 Photo_221

|

« 九州視察旅行(鹿児島編) | トップページ | 通信回線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/7106821

この記事へのトラックバック一覧です: 九州視察旅行(知覧編):

» 7ヶ月で家がたちましたw [アフィリぐろういんぐ]
私みたいに競馬なんて全く知らないど素人でも 7ヶ月で家が建ちました 本当です 確かめてみて 今がチャンスです [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 22時46分

« 九州視察旅行(鹿児島編) | トップページ | 通信回線 »