« 資料整理 | トップページ | 九州視察旅行(クリニック見学編の3) »

2007年7月22日 (日)

九州視察旅行(クリニック見学編の2)

九州視察旅行その6

クリニック内部の様子.

このクリニックの院長は私より卒業が1年上の先輩である.出身大学の外科に入局し,アメリカ留学も経験している優秀な先生だ.学位論文は先天性心疾患に関する研究で取得したということ.これは私と同じであり,なんとなく親近感を覚える.

院長に挨拶した時に,彼の先輩(クリニック院長)を紹介された.宮崎市内で開業し,標榜は循環器科・内科・外科・心臓血管外科,それに名刺には下肢静脈瘤日帰り手術,心臓リハビリと書かれていた.私とほぼ同じではないか!少し話を聞きたかったが,何やら忙しそうで叶わなかった.

ところで,クリニック内部の様子.

他人のクリニックの様子をブログで公表していいものかどうか問題あるかも知れない.しかし,私としてはどうしても記録に残したい,このようなクリニックもあるのだということを皆さんに知らせたいという思いがある.

名前は出さないということでお許しいただきたい.

 

入った瞬間に木のいい香りがする.宮崎は木が豊富であるということでふんだんに使われている.

待合いは広々としている.クリニックの待合いというより,もしかすると喫茶店と言っていいかもしてない.窓も大きく開放感があり,庭がよく見える.

Photo_247 Photo_248

片隅には畳の小上がりがある.お年寄りには喜ばれそうである.

Photo_249

点滴などをするのであろう,処置室も広々としている.このくらいシンプルな方が機能的にもよさそうである.そして,奥にはリクライニングシートが2脚.おそらく外来化学療法をするのだろう.坪庭を眺めながらリラックスできそうだ.

Photo_250

写真もたくさん撮らせてもらった.ここでは書けないが参考にし取り入れたいと思うところがたくさんあった.

 

本当にいい視察旅行であった.お世話になっった皆さんに感謝する.かねごんさん,ありがとうございました.

(ただ残念だったのが,フェニックスで...だ)

|

« 資料整理 | トップページ | 九州視察旅行(クリニック見学編の3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/7239327

この記事へのトラックバック一覧です: 九州視察旅行(クリニック見学編の2):

» レーシック名古屋眼科レーシックで視力回復 [レーシック名古屋眼科レーシックで視力回復]
レーシック名古屋眼科レーシックで視力回復 [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 00時19分

« 資料整理 | トップページ | 九州視察旅行(クリニック見学編の3) »