« 魚と漢字 | トップページ | あと3ヶ月 »

2007年6月20日 (水)

どうしましょう

少し前の新聞記事.

ある会社の社長さんの話が載っていた.

「どうしましょう?」を部下の禁句にしているそうである.

仕事の状況は最前線の現場が一番よくわかっている.それなのに現場がトップに白紙委任(つまり「どうしましょう」)してしまうのはナンセンスであると述べている.

現場がA案,B案,C案くらいの選択肢を考え,それぞれのメリット,デメリットを提示するようにする.上司は,提示された選択肢についてどれがベストだと思うか担当者に尋ねる.そうすると,大抵の場合すぐに明確な答えが返って来るという.気づいた疑問点は確認するが,原則として現場が考えたベストの案を覆すようなことはしない.トップは意志決定の責任だけ取ればいいとのこと.

尤もな話だと思う.

これから小さい組織を作る私も同様の考えを持っている.もちろん「丸投げ」ではなく,部署(そんな大それたモノではないが)部署で,建物内のレイアウトから機器の選択,配置,家具類の置き方など既に任せてある.すべてのことに関して,報告は義務づけている.そうすることによって,個々がやる気を出し責任感を持って動いてくれていると思う.

これからも,「どうしましょう?は禁句」を徹底していこうと思う.

|

« 魚と漢字 | トップページ | あと3ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/6856614

この記事へのトラックバック一覧です: どうしましょう:

» mixiで月収93万円の不労所得を得た男 [40歳サラリーマン]
mixiを使った稼ぎ方を教えます!mixiを楽しみながら、○○○○するだけで、あとは、ず~~っとほったらかし状態。あとは、毎月毎月銀行口座にお金が振込まれるのをニヤニヤしながら確認するだけなんです。会員になるための方法も載せてます!先着100名様のみ値下げ実施中。... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 02時43分

« 魚と漢字 | トップページ | あと3ヶ月 »