« 長女は11歳 | トップページ | スタッフミーティング »

2007年1月25日 (木)

教育の在り方と医療(医師)の在り方の共通点

まずは「ゆとり教育」とは~日経新聞から~

学校週5日制や授業時間の削減などにより,子供の個性や独走力を伸ばす狙いで進められた教育のあり方.1970年代後半,過熱する受験戦争への批判が高まったことを背景に,中央教育審議会が学習内容削減を提言.98年に「総合的な学習の時間」導入が決定されたのに合わせ,教科書に盛り込む内容の削減が本格的に進んだ.

主な施策として

  • 学校週5日制の実施
  • 他人と比べない絶対評価に
  • 総合学習の時間の導入
  • 小中学校で教科内容の3割削減

そして,いじめや学力低下など教育現場の混乱,問題が噴出してきたことを受けての教育再生会議

昨日,この会議が第一次報告を決定し首相に提出した.

その骨子

  • ゆとり教育を見直し,授業時間を10%増
  • いじめている子供に出席停止制度を活用し,立ち直りを支援
  • 公立学校の優れた教員を給与,昇進などで優遇
  • 教員免許制度を導入
  • 学校を外部評価する第三者機関「教育水準保障期間」を新設
  • 教育委員会のあり方を見直し,人口5万人以下の小規模市町村で統廃合

「再生」という言葉が,どうも引っかかる.

「再生」しなければならないということは,ゆとり教育の導入によって「教育」は瓦解した,壊れてしまった,ということであろう.

テレビなんかを観ていると,いまだに「ゆとり教育は間違っていない」と論じている偉い先生もいる.しかし,このような会議を作って「再生」しなければならないこと自体,お国(総理大臣)がゆとり教育は間違っていたと認めているということである.

これは第一次報告であり,今後まだまだ議論が進むと思うが,小中学生の子を持つ親としてはいい方向に行ってもらいたいと思う.

 

病院に勤務する医師としてこの報告を見ると,我々の医療の世界にも共通することが多々あるように思えて仕方ない.

言葉を置き換えるとよくわかる.

いじめている子供に対して..→たくさん(どうしようもない)ミスを犯す医師に対して..
優れた教員を..→優れた技術,集患能力を持つ医師を..
教員免許更新制..→医師免許更新制..
学校を外部評価する..→病院を外部評価する第三者機関「日本医療機能評価機構」
教育委員会..統廃合→病院の統廃合

どうだろう.

こじつけであるのは確かだが,これだけ共通点があることに驚く.

お医者さんも子供の教育のこともさることながら,自分自身の「在り方」も考えなければならなくなっている.

|

« 長女は11歳 | トップページ | スタッフミーティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/5071695

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の在り方と医療(医師)の在り方の共通点:

« 長女は11歳 | トップページ | スタッフミーティング »