« 設計図 | トップページ | 阪神タイガース検定 »

2006年12月20日 (水)

いい一日

昼過ぎまでに手術を済ませ,夕方ちょっと病院を抜け出して開業予定地に急行.
土地を見に行ったのではなく,地区の公民館の所長にお会いして来た.

偶然であるがその公民館には約3年前に講演に行っており,実は予定地のごく近所であった.

所長には,私自身の経歴,現在の病院での診療内容,得意とする分野の話から始まり,開設後の取り組み(コンセプト,ストラテジー)についてお話をした.
既に看板も立てており,誰かが開業することはもちろん知っていた様子であった.
それが私であると知り,所長の表情が緩んだのを見て少しホッ

地域の方々に私自身を知ってもらうのは非常に重要である.

その点今日はいい話があった.
明後日(22日)に地区の名士が集まっての忘年会があるという.その場で私のことを紹介してあげようと言ってくれたのである.
すぐに「元締め」の地区福祉協議会の会長さんに電話し了承をいただいた.

集まるのは地区の自治会,老人会,婦人会などの会長さん達という.
私自身をアピールするこれとないチャンスである.

私に与えられた時間は会の初めの約5分間である.
しっかりと「宣伝」してこよう.

 

夜は,クリニックを立ててもらう建築会社の専務と営業課長(医業コンサルタント)とともに会食.久しぶりに3人で飲みながら話をしたが,今後の予定?について話が盛り上がった.

建築そのものより,日本の建物を造るということについて「伝統」というものを大切にしようということで意見が一致.

昔ながらの棟上げをしよう.
「日時」は暦をしかり見て決める.
餅は自分でつき,できたての餅を建物の4角からまく.
もちろん近所の子供達をたくさん招待する(たぶん今の子供達は棟上げを知らないと思うので喜ぶだろう).
お祝いの尾頭付きの鯛は自分で釣りに行く.
振る舞うお料理はきちんとしたお店(もう決まっている!)に頼む.
などなど.

もう一つ.
クリニックのロビー(待合いとは言いたくない)には,ぜひ薪ストーブを置こう.

室内空気の汚染,安全性など心配していたが,問題はないらしい.
ただ,防火の検査を受けなければならないかも知れないということであるが.
薪小屋も一緒に建てようということになった.

夢はどんどん広がる.

それとさらにもう一つ.
電カル,X線システム,心電図などの検査機器の新たな見積が届いていた.

前回の見積に比べてものすごく減額されていた.
どこの会社とは言えないが約300万円.
これは大きい!

今日はホントに良い一日であった.

|

« 設計図 | トップページ | 阪神タイガース検定 »

コメント

先日はお疲れ様でした。日本の伝統がどんどん薄れていく昨今、「棟上げ」の本質を追究してみることも多いに意義のあることと考えます。これを機にいろいろ研究してみます。それにしても来年は楽しみな一年になりそうです・・。

投稿: ShopMaster | 2006年12月22日 (金) 09時48分

コメントありがとうございました.
いよいよ開設の年になりました.
棟上げも一大イベントにしようと思います.
今年もよろしくお願いします.

投稿: Dr.T | 2007年1月 2日 (火) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 設計図 | トップページ | 阪神タイガース検定 »