« タバコのマナー | トップページ | 四国観光検定 »

2006年12月 8日 (金)

手術室

手術室関連の医療機器の話があった.

手術台,無影灯,滅菌器(オートクレイブ),収納棚など.

手術台一つとっても,ピンキリである.村中医科機器タカラベルモント,その他いろいろ.
価格も同じような仕様で100万~300万円台.
やはり高い!

手術器械の滅菌については外注を考えていたが,信頼性やコストなどを考えると必ずしも外注が有利とは言えないようである.
小型の滅菌器はお手ごろ価格であるようで,一考の余地がある.

もう少し考えよう.

今日の話題

「入院患者 2割が退院可能 厚労省調査「社会的入院」28万人」

 2005年10月時点で全国の医療機関に入院していた患者の5人に一人が入院の必要はなく,受け入れ先などの条件が整えば退院可能だったことが厚生労働省の患者調査でわかった.同省はこうした「社会的入院」は28万2千人に上ると推計している.

 入院患者は推計で146万人.
 「生命の危険がある」が6.1%(8万9千人),「生命の危険は少ないが,入院治療は必要」が59.9%(87万7千人),「受け入れ条件が整えば退院可能」は19.2%(28万2千人)に上った.

現在勤務している病棟を見渡すと,「受け入れ条件が...」が半数くらいいるのではないかと思われる.

空床を作るな,というお偉方の指導があるが,このようなことを続けていると世の中から「置いてきぼり」を食らうのではないだろうか.

|

« タバコのマナー | トップページ | 四国観光検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タバコのマナー | トップページ | 四国観光検定 »