« デモ | トップページ | うなぎ三昧 »

2006年11月23日 (木)

サル泣かせ

午後から雨模様.

今日は高松グランドCCでゴルフ.スコアは散々.

In1

ラウンドの途中で小さい柿がなっている木を見つけた.

そういえば,今月初め仲南に大黒柱を伐採に行った時にも見つけた.
林業家に「熟れているのは食べられるよ」と言われ一口.

「なかなか甘いやん」 「いける.いける」

しかし,その直後 「渋~い!しびれる~ぅ!」

ものすごい渋柿であった.

ゴルフ場で見つけたのも同じ柿の木である.

キャディーさんが言うには,「これはサル泣かせって言うんよ」
サルでも食べると泣いてしまって,二度と食べなくなるとか.
(でも,普通の渋柿みたいに吊し柿にすると美味しいらしい)

最近,全国で「サル被害」が報道されている.
作物が食い荒らされ,人に危害を加えることもあるという.
被害者と動物保護団体との激突の様子も流されている.

電流の流れる柵やネット,花火などで撃退しようとしても,サルも学習して効果なし.

やはり動物には動物をぶつけるということで,ヤギやイヌで追い払うのが一番いいらしい.
兵庫県北部では「サルぼい犬」と呼ぶらしい.

「サル泣かせ」は使えないかなぁ??

|

« デモ | トップページ | うなぎ三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/4290947

この記事へのトラックバック一覧です: サル泣かせ:

» 元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法 [元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法]
「元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法」 椎間板ヘルニアでフルスイングが出来なくなってしまった中年アマチュアゴルファーの ドライバー飛距離をたった28分のレッスンで平均43ヤードアップさせてしまった業界では まだ誰も口にしていない「ある」上達法とは!?  もしあなたが「効率良くゴルフが上手くなりたい!」と思われるならば是非ご覧ください。... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 22時43分

« デモ | トップページ | うなぎ三昧 »