« マグロの乱獲を嘆く | トップページ | 禁煙 »

2006年10月29日 (日)

漢字検定

今日は漢字検定があった.
平成18年度第2回(公開会場)検定日である.

Photo_24 香川県では高松市のみで,会場はサンポートホール高松であった.
今日はウチの長女の試験.受験したのは7級だ.7級というのは小学校第4学年までの学習漢字である.長女は現在5年生.そう,2回目の7級受験であった.
自己採点では155点(200点満点)くらいらしい.合格基準は70%程度ということなので,今回は何とか通過したかな.

私自身は平成16年度に準1級に合格している.
準1級の出題範囲は,「常用漢字を中心とし,約3,000字の漢字の音・訓を理解し,文章の中で適切に使えるようにする(JIS第一水準)」と決められている.

3級から受け始め,準2級,2級と順調に一発で合格した.が,準1級のレベルには驚異的なものを感じた.見たことがない漢字が多く,読めない,もちろん書けない.どうしようもない.

仕事の合間にも漢和辞典とにらめっこしながら問題集をこなした.合格ラインは80%程度の得点ということだ.

頑張ったが,ナント2回連続不合格.しかも2回目は159点.79.5%の得点,80%程度ではないか!悔しい.試験(検定)もたくさん受けたが,不合格になったのは,現役での大学受験以来である.何ということだ.

Photo_25 ということで,試験を1回飛ばして勉強追加.満を持して再々受験.
平成16年度第2回検定で見事合格!得点は167点.ま,ギリギリでも合格は合格である.3度目の正直ってところか.

次はもちろん1級である.しかし,これがまたまた大変である.
漢字の数は一気に倍の6,000字.しかも,今使っている漢字の旧字体というのも覚えなければならない(点が點,画が畫,旧が舊とか).

漢字検定を受けていて何が良かったのか.

もちろんたくさんの漢字の読み書きができるようになる.それ以上に故事成語,諺,四字熟語などたくさんの知識が得られ,会話の幅も広がり,テレビなどでの偉い人の演説が聴き取りやすくなる.それに,森鴎外や芥川龍之介などの原文が読めるようになる(読む読まないは別であるが)など,様々なメリットがある.

ウチの奥さんと長男は5級に合格している.

それにしても,漢字は奥が深い.まだまだ勉強である.

1級絶対合格だ.

|

« マグロの乱獲を嘆く | トップページ | 禁煙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140923/4000992

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字検定:

» 白川静さんに学ぶ漢字は楽しい【漢字検定必勝ブログ】 [白川静さんに学ぶ漢字は楽しい【漢字検定必勝ブログ】]
■漢字検定必勝ブログ【漢字検定らくらく合格!】 Oおすすめの本です!      白川静さんに学ぶ漢字は...... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 02時03分

« マグロの乱獲を嘆く | トップページ | 禁煙 »