トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

打合会

今日はコンサルタントと臨時の打合会.

開業予定地にて水利組合,土地家屋調査士,隣地所有者など関係者との境界立会を行ったとの報告があった.無事完了し,あとは測量データ待ちの状態となっているとのことである.これで敷地が確定するので,今後は設計の打ち合わせへと進んでいくことになった.

とりあえず私のイメージ(レイアウト)を伝えた後,基本設計,実施設計,建築確認申請,そして着工ということである.ここまで来るといよいよという実感が湧いて来るというものである.

資金調達についての話もしたが,現状ほとんど問題はないであろうとのことである.

まだまだ紆余曲折はあるとは思うがひとまず安心した.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月30日 (水)

産業医

今日は久しぶりに香川県医師会の産業医研修会に参加した.といっても実は今日がとりあえず最後の研修会である.

産業医は働く人の健康確保に関する専門的業務を行う医師で,日本医師会が認定する.少し前(たぶん平成8年頃)までは,認定制度はなくなりたい人が産業医になることができていたということである.もっとも,産業医になろうとする医師が少なかったのかも知れない.

現在は新たに産業医になろうとする者は基礎研修50単位以上を修了することが義務づけられている.約2時間の研修で2単位が取得できるので,単純に考えると50時間以上の研修が必要なわけである.話は最初に戻るが,今日でその50単位を満たすことができた(計51.5単位)ので,最後の研修会というわけである.

開業するにあたり産業医の認定資格は必要か?

それはわからない.しかし,私としては取れるものなら何でも取っておこうということで,本年1月から研修会に出席してきた.そのほとんどは,高松市内のホテルあるいは香川大学医学部で行われたが,4月には松山,5月には大阪にまで行きコツコツ単位を貯めてきた.何事も一気にやらなければ気が済まないという性格の表れだと思う.

研修内容といえば,労働安全衛生法などの法規,産業医の職務内容など,健康管理,作業環境管理,有害業務管理などの基礎研修から,メンタルヘルス,職場巡視といった実地研修,それから発展させた実務的で専門的な後期研修まで多岐にわたっている.長年外科医として仕事をしてきた私にとっては,全く異次元の世界であった.

開業した後には,地域に根ざした医療を実践する上で何らかのメリットがあるのではないかと考えている.

研修会の何回かは当直明けの夕方にあった.

居眠りをしながらでもよく頑張りましたと自分を褒めてやりたい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧の高原,霧の森

いよいよ最後の夏休み!?

愛媛県四国中央市霧の高原,霧の森に行ってきました.

8月27日(日)
朝,高松を出発.三豊市の実家にペットのピョッンキチを預けて霧の高原に向かった.大野原ICから高松自動車道に乗り新宮ICまでは約15分.意外と近い.新宮ICを降りてからはすぐに山道である.
Photo 途中のバス停を見ると,平日は1日3,4便,土曜日は隔週で2便のみ,日曜,祝日,お盆,年末年始は運休らしい.行き先(上り?)は診療所になっていたが,患っているお年寄りは大変だろう.

Photo_1山道を登っていくと視界が広がった.
案内によると遙か先に見える山の上の草原が目指す「霧の高原」ということである. エーッ,まだあんな先か.と一同びっくり!でもすばらしくきれいな,そして壮大な風景である.四国にもこんな風景があったのだ!!捨てたものではない.

Photo_2それから1時間ほど車を走らせ霧の森キャンプ場に到着.オートキャンプ場は12台ほどのスペースがある.夏休みも終わりであるが,ほぼ満車であった.センターハウスでエントリーの後キャンプを設営.以前どこかのキャンプ場に行った時にはわれわれ大人だけで設営したが,今回は子供たちにも考えながら造らせた.何とか完成.子供たちも大きくなったモンだ.

Photo_3山の上だけにレクレーション設備はほとんどない.小さな遊具とプレイゲレンデがあるくらいだ.プレイゲレンデはラージヒル(?)とノーマルヒル(?)があり,ソリ滑りができる.途中で係の人が水まきをしたが,途端にソリはスピードアップ.幼児には少々危険かも.あちこちで衝突していたが,小さい子供はノーマルヒルの方がいいかも.

夕方はお決まりのバーベキューといきたいところであるが,ウチは七輪を持参.サンマを焼き,厚揚げを焼き,お肉系は少しのみ.最後は焼きおにぎりで〆.周りとはちょっと違うかな,っていう感じだがそれはそれで楽しい.

なんやかんやで午後8時過ぎには就寝.ところが,夜半過ぎからものすご~い風.風というより時折突風.テントが浮き上がるくらいであった.これはホントの話.隣に設営していたもう一張りのテントが飛ばされるのではないかと冷や冷やモンで寝られなかった.というのはウソで,10時間以上寝てしまった.強風による被害はなかった.やれやれ.

8月28日(月)
昨夜の強風がウソのようにいい天気である.夜は寒かったが朝日がテントを照らし蒸し風呂状態.眠い眼をこすりながらテントから脱出.清々しい高原の朝である. 食事をし,お掃除をすませてから出発.
Photo_13

来た道を引き返し新宮ICまで1時間ほど.ICから目指す「霧の森」まではナンと1分!高速道路の真下に霧の森の施設が広がっていた.午前10時頃に到着したがコテージへのチェックインは午後3時という事.どうやって時間を潰そうかと思いつつ敷地内をうろうろ.橋の下を見ると渓流で子供たちが泳いでいた.
Photo_4われわれもさっそく河原へ降りて水の中に.気持ちい~ぃ.子供3人は上流へ下流へと楽しそうに大はしゃぎ.木陰があり涼しく,海のようにべたついたりしないのでやっぱり川遊びの方がいいかも.

ひとしきり遊んだ後に昼食タイム.ここには霧の森レストランがあり食事も充実している.お勧めの名物はおぼろ豆腐ということである.新宮村はお茶の産地でもあり,茶そばも一緒に楽しめる「昼善」を注文.おぼろ豆腐は注文を受けてから作るそうで,ほんのり暖かく甘み,コクがありすごく美味しく感じられた.茶そばは普通のもの(といっても居酒屋でしか食べたことがないが)とは違ってモッチリ感がありこれもまた美味しい.ついでにアマゴの唐揚げを頼んだ.満足!Photo_5 Photo_6 Photo_7

これでもまだ時間があり,ちょっとどこかへ行こうと車で出発.新宮ICから1区間高知方面に行ってみようということにした.降りたのは大豊IC.カーナビによると近くに道の駅があるということである.小さな道の駅であった.名物のゆずソフトクリームとゆずジュースを注文.これがまた初めての味で美味しかった.Photo_8
この道の駅から400m程行くと日本一の大杉があるとのこと.せっかくなので行くことにした.拝観料として大人200円,子供100円必要であった.木を見るだけで「ナンで」ってところ.根元は一つで,地面から出たところで北大杉と南大杉に二股に分かれている.推定樹齢3,000年らしい.ものすごい!

そんなこんなで午後3時にコテージにチェックイン.
Photo_9早速コテージに併設している「霧の湯・森の湯」に行った.湯船が小さく大人3人くらいでいっぱいになるといった感じであるが,湯はすばらしく良かった.もちろん天然温泉で,塩辛かったのでナトリウム泉?素人なので信憑性はない.

夕食は持参した材料で子供たちがカレーライスを作ってくれた.コテージのベランダに机と椅子を持ち出して夕食タイム.昨日の残りの肉を焼きながらビールをちびちび.

渓流のせせらぎを聞きながらゆっくり,ゆっくり.

8月29日(月)
いよいよ最終日.朝食を摂った後,午前10時前にチェックアウト.

前日休館だった「交湯~館」へ.最近できたばかりの温泉施設である.広々とした大浴場.開館時間直後だったのでお客さんも少なくのびのびとつかることができた.いい感じである.出たところの休憩所(座敷)は畳の香りも新しく,くつろぐことができた.命の洗濯ってところか.

両親へのおみやげは名物の霧の森大福羊羹,2種類のお茶.それに一緒にお昼ご飯として茶そば鯖寿司.やっぱり美味しかった.Photo_10 Photo_11

以上で,今年のそして勤務医としての最後の夏休みは終わり.
近場で済ましてしまってような感じもあるが,ホントに楽しい家族旅行であった.

来年からもできる限り家族と一緒の時間を過ごそうと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

夏休み

夏休み!

いい響きですねぇ.しかし残りあとわずか.世のお父さん,お母さんは宿題の追い込みで大変だったりして.でも,開業するとこれからは夏休みも取れなくなるのでしょうかね.

私は今日から4日間(土日も含めてだけど)の夏休み.これが勤務医として最後の夏休みですね.明日から何年かぶりに子供たちを連れてキャンプ.行き先は愛媛県四国中央市新宮町(以前の新宮村)の「霧の高原」「霧の森」.それぞれに1泊ずつの予定.

帰ってきてからブログに投稿しよう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

同門

どうも日々投稿できない.最近少々忙しいからだろうか.

昨日は出身教室の同門会(香川県支部会)があった.この時期に「納涼パーティー」と銘打って開催されている.例年教授に講演していただくのであるが,今年はこの4月に就任したばかりの新教授が来られた.

教授は私の2年先輩である.昔とは違って50歳を過ぎて教授に就任するようなことはなくなった.世代交代というか,同年代の人たちがどんどん上に昇っていくのを目の当たりにすると自分も身の引き締まる思いである.

会の後,開業している先輩に話を聞こうとあるお店に誘った.開業について助言をいただこうと考えていた.

ところが,お店に入ってびっくり!市内某病院の病院長をされている先輩とばったり会った.同門会をサボって飲みに来ているとは,と思ったが,実は県の病院長会議とやらがあったから出席できなかったということらしい.

私の開業についてはなかなか切り出せなく,逆に「春の来ない冬はない.がんばれ!」とハッパをかけられてしまった.開業するということは悪いことをしているということでは決してないが,とうとう最後まで話すことはできなかった.それどころか,どんどんお酒が進み最後には酔っぱらってしまった.

反省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

当直

開業に関する話題はなし.

昨日は当直であった.この年になっての泊まりはきついものがある.

それにしても当直室の環境が悪すぎる.どこの病院でも同じようなものだろうが,くさい,きたない,じめじめ.

今朝方の雷雨は凄まじかった.高松市でも1時間あたり55mmの集中豪雨だったようで,住居への浸水もあったようである.

今日は「処暑」.

夏も終わりだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

資金調達について

資金調達について両親と話をした.

医療業界についてはよくわからないと言いつつも,岳父からは元経営者としての厳しい意見が出た.

開業形態,将来の見通し,保証人について,などなど.コンサルタントも交えて,これからもう少し煮詰めていかなければならない.

そうは言えども基本的には開業に反対はしていないようである.

やれやれだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ご馳走

開業に関する話題はなし.

 

夕方から久しぶりの飲み会.いつもの「川富」

ものすごいご馳走.お酒は「飛露喜」(廣木酒造本店,福島県)という銘柄.生詰で限定品らしい.香りが良くコクがありおいしかった.水がいいのだと思う.

川富は京料理の流れをくんだ季節料理.今治のウニから始まりトロ,毛ガニ(毛ガニは夏が一番美味しいらしい),焼き松茸,それに鱧と松茸のあんかけ,最後は鱧の棒ずし.

いつもいつも満足させられます.480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

資金調達

初めての資金調達に関する交渉.

仕事が終わり夕方からT銀行の支店長代理と営業担当との話し合い.初顔合わせであったが和やかな雰囲気で話ができた.

全くの不勉強で,金利,返済期間,担保などのことはちんぷんかんぷん.

これから他の銀行とも会う必要があると思うのでもう少し勉強しなければ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

開業宣言

医師になって20年の節目にクリニックを開業することにしました.

開業するにしては「高齢」です.まさか開業するとは誰も,もちろん自分でも考えていませんでした.ではなぜ開業するのか?それについては後々書いていくことにします.

昨年11月30日(水),お世話になるコンサルタントの面々の前で「開業宣言」.サッカーで言えばキックオフといったところです.とにかく自分の気持ちを固め,宣言しなければ事が始まらないということでした.もちろんこの時点では病院,医局それに家族にも「宣言」はしていませんでした.

それから約8ヶ月.開業の基本構想は固まっているものの,開業場所の選定に難渋しました.なぜ?これも後日投稿します.

事業計画はほぼできあがっています.次はいよいよ資金調達です.最も苦手とする金融機関との交渉です.

これからも紆余曲折が予想されます.私自身についても追々明らかにしていくつもりです.お楽しみに.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »